BESDATA 単回使用デジタル軟性尿管鏡

Besdata社製シングルユースデジタル軟性尿管鏡は、BESDATA社製軟性内視鏡とBESDATA社製画像処理装置の2つのパーツから構成されています。 診断的、手術的な尿管鏡の処置ができるようになります。 CMOS技術の発展により、再利用可能な尿管鏡と同等、あるいはそれ以上の解像度を持つことができます。 消毒・再処理が不要で、修理費もかからず、尿管鏡の欠品による手術の遅れやキャンセルの心配もありません。

BESDATA 単回使用デジタル軟性尿管鏡の優位性

  • 高解像度デジタル画像
  • 滅菌パッケージ、再処理不要
  • 交差感染しない
  • オールインワンBESDATAイメージプロセッサーに対応。
  • 使い捨て、ノーメンテナンス
  • あらゆるケースに対応する安定した性能
  • 軽量化、エルゴノミクスデザイン
Single-Use-Digital-Flexible-Ureteroscope
注文番号 UR-F1 UR-F2
見る方向 フォワード フォワード
被写界深度(Depth of Field 2-50mm 2-50mm
ディスタルティップ径 9.5Fr(3.1mm) 7.8Fr(2.6mm)
挿入管外径 8.5Fr (2.8mm) 7.5Fr (2.5mm)
ワーキングチャンネル径 3.6Fr (1.2mm) 3.6Fr (1.2mm)
アンジュレーション範囲 275°アップ/275°ダウン 275°アップ/275°ダウン
シャフト作動長 650mm 650mm
スクリーンタイプ TFT液晶
長さ幅比 16:10
解決 1280X760
コネクター ディスクリプション
ビデオ入力 10ピンレモプラグ
ビデオ出力 AV,HDMI, SDI, DVI, CVBS, USB3.0
フォト&ビデオストア SDカード
録音機能
録音フォーマット 写真:JPG、動画:MP4
メモリ容量 32GB
機能ボタン 説明
電源スイッチ 電源のオン/オフ
画像の明るさを明るくする 画像の明るさを明るくする
画像の明るさを暗くする 画像の明るさを暗くする
動画 動画撮影
写真 フォトグラフ
ズームイン/アウト 画像を拡大・縮小する
ホワイトバランス マニュアルホワイトバランス
ユーザーモード ユーザーモード

BESDATA 単回使用デジタル軟性尿管鏡の特長

  • 内視鏡の先端にCMOSチップを搭載、光源不要
  • 7.5mmのたわみ半径は、泌尿器科の適応症に適応しています。
  • 手の動きから遠位端まで1:1のねじれ。
  • 3.6Fr(1.2mm)のワーキングチャンネル。
  • 9.5Fr/7.5Fr ODオプション
  • 上下両方向275°回転可能
  • ホルミウムレーザーやリソトリプターなどの既存技術との互換性がある。
  • 患者用ワークステーション、画像処理ソフトを含むオールインワン画像処理装置。
  • タッチパネル付き画像処理装置
  • モバイルカートに搭載可能

BESDATA 単回使用デジタル軟性尿管鏡 先進技術

BESDATAコンプリートシステムを単独で使用したり、BESDATAイメージプロセッサーをオペレーションルーム内の任意のHDMI/SDI/AVIモニターに接続して、オペレーション中に使用することができます。 入院、外来、オフィス、ascなど、広く臨床の場でお使いいただけます。

BESDATAの単回使用デジタル軟性尿管鏡は、再使用可能な尿管鏡と比較して、技術的な特徴がよく似ていますね。 妥協のない画質。 BESDATAの使い捨て尿管鏡は軽量で安価ですが、再利用可能な軟性尿管鏡は高価で壊れやすく、メンテナンスや再加工が必要です。

BESDATAの使い捨て尿管鏡があれば、簡単に手術を行うことができ、結石やその他の泌尿器科疾患を幅広く診察・治療することができ、再処理や高価な再利用可能な尿管鏡の心配はありません。

Update cookies preferences
上部へスクロール