BESDATA 緊急気管挿管用EMSビデオ喉頭鏡

緊急挿管の最初の選択肢であり、初回挿管成功率が高い。

BESDATA EMSビデオ喉頭鏡 -病院前挿管における第一の選択

近年、病院前での気道挿管の問題が報告されることが多くなった。 気道管理は、救急医が習得すべき最も重要なスキルのひとつといえる。 タイムリーな換気ができなければ、すぐに患者の死亡や障害につながりかねないからだ。 BESDATA EMSビデオ喉頭鏡は、緊急状況下でも見やすく、困難な気道の確保をサポートします。

BESDATA EMS ビデオ喉頭鏡

BESDATAはEMSビデオ喉頭鏡を開発し、競争力のある価格でお客様のご要望にお応えします。 気道の可視化を向上させ、緊急気道管理における気道挿管のリスクを軽減します。

高解像度のEMSビデオ喉頭鏡をお探しなら、BESDATAにお任せください。

BESDATA が信頼できる理由

  • FDA/CE/CFDA EMSビデオ喉頭鏡のサプライヤーおよび製造業者として認定されています。
  • お客様のビジネスをサポートするため、ご注文のODMサービスを承ります。
  • 国際品質システムISO13485に合格した優れた品質の製品
  • 1,000社以上のグローバルエリートディストリビューターにサービスを提供
  • 現地アフターサービス保証
  • 最速のデリバリー・アクションを保証
  • 24時間365日のサポート・オンライン・アクセスによる即時サービス

学びたいリソース

EMSビデオ喉頭鏡の種類は?

EMSビデオ喉頭鏡パッケージとは?

EMSビデオ喉頭鏡の仕様は?

パンデミック時のEMSビデオ喉頭鏡の使い方は?

 

BESDATA EMS ビデオ喉頭鏡 先端技術

BESDATA EMS ビデオ喉頭鏡

 

  1. ポータブル、持ち運びが容易

BESDATA EMSビデオ喉頭鏡は、ポータブル設計、統合された画面とハンドル、2時間バッテリ作業時間です。 BESDATAのビデオ喉頭鏡は、救急救命室で挿管する場合でも、救急車で挿管する場合でも、素早い動作に役立ちます。

  1. 習得/使用が容易

BESDATA EMSビデオ喉頭鏡は、従来の喉頭鏡と同様の技術をマッキントッシュブレードに搭載しています。 医師は、従来の喉頭鏡検査をいつも使っているように使い慣れ、トレーニングの必要性も少ない。 一方、医師が気管内チューブを留置する時間は短縮された。

  1. ビデオ支援で成功率アップ

直接喉頭鏡に比べて、BESDATA EMSビデオ喉頭鏡は特別な可視化機能を持ち、医師に間接的な視野を与え、より湾曲した刃先はより広い視野を与えます。 ビデオによる手技支援により、成功率は高まっている。

  1. Covid-19における緊急挿管

使い捨て喉頭鏡ブレードは、交差感染を効果的に減少させる。 BESDATA使い捨て喉頭鏡ブレードは経済的な選択です。

ビデオ喉頭鏡は直接喉頭鏡に比べ、医療スタッフを患者の口から遠ざけ、より安全にします。

 

Besdataハンドヘルドビデオ喉頭鏡が1000社以上の顧客から信頼されている理由

気道管理エコシステム

Update cookies preferences
上部へスクロール